フルオーダーで作る世界にふたりだけのリング

注意点

入場前の新婦

結婚式に洋装で参列する場合どんなジュエリーを選ぶのがよいかと悩みます。
女性がお友達として参列する場合は洋服に合わせてかわいらしいネックレスやイヤリングなど淡水パールなどがよいと思います。
しかし親戚などや上司などで参列する場合は、花嫁さんより派手にならないように、結婚指輪や真珠などを利用するほうが品があり華やかさも加えることができるのでお勧めです。
あれもこれもつけるのではなくシンプルに真珠のネックレスは一連でつけるとよいです。
特に真珠にはたくさんの種類があります。
使い方を注意する必要もありますが、白真珠、黒真珠そしてベビーパールなどたくさんの種類があります。
結婚式には光に反射しない白真珠のものを利用するとよいです。

日本にはたくさんのしきたりがあります。
冠婚葬祭でのマナーの中で、結婚式は多くの人が参列しますが、お葬式に参列するのはあまり機会が多くないものです。
身内などの血のつながりが強い関係、または深く親しくおつきあいしていたなどの場合が多いと思います。
そんなときのマナーの一つとしジュエリーはその場にあったものを身に着けていった方が良いということです。
黒の礼服または黒い服を身に着けていくこと。
バックも女性の場合ストッキングも黒でそろえていきます。
ジュエリーは華やかなものではなく、指輪もネックレスも真珠を利用するとよいです。
白真珠を選び身に着ける方が多く見えます。
涙を流すという意味もあり間違いではありません。
年配の方になると黒真珠を身に着けていかれる方も多くいるようです。